Home > 10 月, 2013
10 月
13
2013

プンダミリアは、先月おかげさまで8周年を迎えることができました。
8年前と、一見すると全く変わっていなくて
ホトホト情けないのですが
自分の中身というと、とても変わったと思います。

見えない部分が変わったということです。

こうして、8年続けられたのも
お客様のおかげ、生徒さんのおかげ、
スタッフのおかげ、業者さん、税理士さん、
応援してくれているその他のたくさんの方、
そしていつも元気づけてくれる友達、
いつも叱咤激励してくれている家族のおかげです。

先日、小さなパーティを開きました。
私の大好きなみなさんを招待しての
パーティです。

本当は生徒さん、お客さんもたくさん招待したかったのですが
なにせ、閉店後の8時半からという遅いお時間で
出られない方も多いということで
ごくごく友人などだけのパーティとなりました。

9周年、10周年にむけて少しずつ進歩したいと思います。
これからも、プンダミリアをよろしくお願いいたします!!

お気に入りの写真は、こちら↓かわいいスタッフととった写真です!
p9223626a

こちらはみなさんと↓
p9223619a

10 月
13
2013

昨年の2月に亡くなった知人を思い出し、
会いたいなぁと思ったので
ふと、お参りに行ったのが 秋分の日でした。
つまり、彼岸の入り。

今年はまだまだ暑くて太陽サンサンと降り注ぐ中
通常なら秋の代表のお花ですが今夏は
この暑さに不似合いのようなりんどう、を買って
お供えに向かいました。

何も気にせずに、ふと故人のことを
思い出したのが、お彼岸の初日ということに
驚きました。

やはり昔の人はすごいですね。
というか、そういった習わしには何かしらの
暦、太陽歴と関係しているのだと
実感しました。

お彼岸、お盆、年末というのにかかわらず
思ったらお参りをしたいとおもっているのですが
お彼岸という習慣に初めて納得いきました。

お参りは一体、お墓屋ご位牌に手を合わせて
何を思うべきなのでしょうか。
人それぞれだと思いますが
私は、私の決意を思うようにしています。
見守ってください、という思いと
この決意を聞いていただいて、それに
恥じない行動をするという気持ちに
なるためです。

ようやく少し涼しくなり、今日がまるで
彼岸の入のような陽気でしたので
少し自分の思ったことを書いてみました。

お墓参り日和ですので
寒くなる前に、行ってみたいと思います。

J_[

2013 年 10 月
« 9 月   12 月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ŋ߂̓e

アーカイブ:

JeS[

ŋ߂̃Rg